「好きなこと起業」でビジネス内容を決める時の3つのポイント

こんにちは!鈴木さくらです。

今回の記事は、

自分の好きなことで起業したい!

と考えた時に、何を気をつければいいのか、どうやってサービスを決めていくといいのか、
このあたりについて、書いていきますね^^

 

まず最初に、「起業」であることを理解する

起業とは、お金を稼ぐビジネスを始めることですよね。

ボランティアとは違います。

もしこれを読んでいる人が、「ボランティアで10年やり続けてもいいくらい、好きなようにやりたい!」っていうことがあるなら、好きなようにやり続けるのが、良いと思います^^

だけど、「お金を稼ぎたい」と思うなら、それはビジネスなので、稼げるように、必要な知識は学ぶべきだし、そこには「好き嫌い」を入れるのは、違うかな?と思います。

もちろん得意苦手、っていうのはあるかと思いますが、すべて「好きなことを好きなように」では、なかなかちゃんとお金を稼ぐっていう結果にはならないかなぁと。

 

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが。

でも、「好きなこと」で起業することはもちろんできるので、そのビジネスの選び方が、次。

 

起業する内容の選び方・見つけ方

ボランティアなら、好きなことを好きなように、ただ始めればいいだけですが…

お金を稼ぎたいなら、この3つ↓がかぶるところを選ぶと、ビジネスとして成り立つ可能性が高くなります^^

 

自分が好き・得意なこと
×
人に頼られる・聞かれること
×
世間のニーズ

 

例えば、私は小説を書くのが好きだし、賞をいただいたこともあるので「得意」と言ってもいいかと思います。

でも今すぐビジネスとして(つまり小説家として)私が活動するのは、現実的ではないし、世間のニーズもありません。

 

なので、小説から一歩引いて「文章を書くこと」で考えると、
ブログをずっと書いているし、「読みやすい文章を私も書けるようになりたい」と言ってもらえることも。

で、世間のニーズを調べると、起業したい人が世の中にはいっぱいいて、ブログを上手に書きたい人もいっぱいいる。

で、ブログコンサルとして、起業しました。

 

こんな感じ。伝わりましたかね?

まずは、自分の好きなこと・得意なことは何か?いっぱいリストにしてみたり、
また、人によく聞かれること(「◯◯のやり方教えて」とか)をリストにしたり、

そこから、ネット検索して、同業者がいっぱいいるか、お客様になりそうな人がいっぱいいるか、調べます。

あ、たまに「同業者がいっぱいいるから、自分が始めるのは厳しそう…」って言う人いますけど、
同業がいる=ニーズがあるってことなので、むしろ同業がいないオリジナルな商品の方が、売れるか微妙なことも。。

 

ちょっと話がずれましたが、こんな感じで、ビジネスの内容を探してみましょう^^

 

「何か始めたい!」「好きなことで起業したい!」

そんな風に感じる人が、ちゃんとお金を稼げる道を行ける、ヒントになったら嬉しいです。

 

ではまた♪

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です