ある日、承認欲求が(ほぼ)消滅して、ラクになった話(2)

こんにちは!鈴木さくらです^^

前回の記事の続きです。

「わたしの承認欲求は、自分で自分を認めていなくて、
それを他人に丸投げして、ゆだねている行為だった!!」

「自分の力で、自分を好きになろう!」

そう努力していたわたしでしたが…

1)無意識なところで、急にパーンと消えた承認欲求

これがねー、うまく書けるかな。頑張りますが!

とにかく、2019年3月から、コツコツ頑張ってきたわけです。

誰かの「承認」とか「認めるよ」とか「好きだよ」とかに頼らずに、
自分で、自分を好きになろう!と。

それは、前回の記事で書いた以外にも、

・自分の好きなものを、ちゃんと好き!と認める
(ピンクやリボンが好きなのに、もう年だし、ママだし、とか、
色々言い訳して、避けていた)

・以前好きだった美容やファッションも、また楽しむ

とかね。些細なことかもしれないけど、「自分を慈しむ」感じかなぁ。

で、だんだん人生が楽しくなってきた2019年8月に…

全然意識してなかったところから、パーーーン!!と自分が目覚めたんです。

 

それがね、ちょっとさ、恥ずかしいんですけどね笑。。

わたし、好きなアイドルさんがいるんです。

で、その人の書いた「大好き」とか「愛してる」とかを眺めていたら…笑

 

ふと、承認欲求が消えたことに気づいたんですよ!!!

読んでいた当時の意識としては、

のんきにただのファン心理で読んでただけでした、もちろん。

 

でも、これがきっかけでした。

たぶん、色々自分なりに努力してきて、最後の一押し、みたいなものを、待っていたのかな、って思います。

このかたは、たくさんのファンへのサービスで、
そういうことを書いてるわけですが、
そのファンの一人として、無条件な「大好き」「愛している」を受け取って(勝手にw)、

努力も大事だけど…
そのままの自分も、好きになって、いいじゃん♡

ってまた気づけたんです。

難しく考えるなよーって。(よく言われる。考えすぎ!ってw)

 

直接のきっかけアイドルかよ!!って突っ込まれそうで、めっちゃ恥ずかしいんですが汗、
ここ飛ばして伝えられないので、書きましたw

 

2)承認欲求が消えてみて、初めて気づいたこと

ここまで、あくまでも自分で「承認欲求を自覚している」前提で書いてましたが、
実は、この気づきを得るまで、自分がここまで根深く、承認欲求を持ってるって、知らなかったです。

ただのファンとして、好きなアイドルの素敵な言葉を読んで、

「あ〜癒された♡」とか思って、

で、息子に「トイレー!!」って呼ばれて、トイレに付き添ってたんですよね。

なぜかその瞬間に、「あれ、わたしもう承認欲求ない」って急に気づきました。

それから色々考えて、今回みたいな心理の動きがあったんだなぁと分析したわけです。

 

自分のことを認めてない・好きではない

だから、誰かに認めてほしい・好きになってほしい
じゃなくて、自分で努力して、自分を好きになろう!

好きなアイドルの言葉たちがきっかけで、
努力以前に、そのままの自分を好きになればよくない?ってなった

こんな流れ。

これを読んでいる人で、

自分は承認欲求が強すぎて、疲れるな…

誰かに認めてもらいたい。認めてもらってない自分がイヤ

って人がいたら、

ぜひ、まずは自分で、自分のできる「自分を好きになること」をやってみてください。

続けていくと、ある時、きっと何かのきっかけで…

そのままの自分で、いいんじゃん!!ってなれますよ♡

 

これって、言葉で言われても、無理なんですよね。

そのままのあなたでいいんだよ!

って言われても、ね笑 それができたら苦労しない。

だから、具体的に、努力するの、オススメです。
頑張っているうちに、成果が出なくても、
少なくとも「頑張っている自分」は好きになれます。

そこから、少しずつ…

頑張ってなくても、色々ダメなとこもあっても、
自分は自分を好き!っていいじゃん!!!

っていう気持ちになれる…かと!

わたしの場合、こういう流れになろう!!と考えていたわけではなく、
色々試行錯誤していたら、結果、こうなったわけですが。

何かのきっかけになったら、嬉しいです。

わたしはこの承認欲求がほぼ消えて、すっごくラクになったし、
もっともっと自分が本当にやりたいことをやりたくなりました。

だって、他人の目とか、他人軸を気にしなくなったから。

 

あなたもあなたのままでいいんだよ〜!!とここで勝手に伝えておきますね!

 

最後、今後の活動についてとかを次の記事で書きますね!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です