ブログにはこの2つを書けばいい

こんにちは!鈴木さくらです。

ブログコンサルとして、何人もの人のブログの悩みを聞いてきましたが、
一番言われるのが「ブログに何を書けばいいのか分からない!ネタ切れする」という悩み。

今回はこの悩みについて、

・最初に決めておくべきこと
・2つの記事のポイント

こんな感じで、書いていきますね!!^^

 

ビジネスでブログを書く!(何かしらのマネタイズを目指す)上で、最初に決めておくべきことは?

アフィリエイト目的でブログを書く場合でも、
自分のビジネスを売るために、ブログを書く場合でも、

まず最初に決めておくべきことがあります。

それは、「誰に向けて書いているのか?」ということ。

 

とはいえ、正直に言えば、
私も初期から「こんなターゲットに向けて!!」とガッツリ決め込んでいたわけではありません汗

ただ、ざっくり「女性で、ブログに悩んでいる人へ向けて」書こう、とは決めていました。

 

これね、ブログの内容が絞られるだけでなく、
「何を書こうかな?」って迷ったり思いつかない時に、ちょっと助けにもなるんですよね^^

自分のターゲットの悩みって何かな?って、ググってみたり。
同じターゲットを持つ同業者のブログを見て、ヒントをもらったり(もちろんパクリは絶対ダメです)。

 

逆に言うと、ターゲットが決まると、書きたいことが溢れてくる!って場合もありますよ。
この悩みも解決してあげたい!!この知識も整理して教えてあげたい!書こう!!ってなるので^^

 

2つの記事のポイント

ターゲットをざっくりでもいいので決めたとして、いざ、どうしよう。
やっぱり何をどう書けばいいのか、悩む。決まらない。

そんな時は、この2つの記事のポイントを、ちょっと思い出してみてください!

①機能的な価値のある記事
②感情的な価値のある記事

ブログに書けばいいのは、この2つの種類です!

 

①機能的な価値のある記事って?

簡単に言えば「お役立ち記事」です。

自分のターゲットが悩んでいそうなこと、
まだ特にビジネスも決めていなくて、ターゲットがない場合は、「過去の自分」が悩んでいたことでもオッケー!

誰かの悩みを解消するような記事を書いてみましょう。

 

それは例えば、「子連れで行きやすかったカフェ」とかでもいいんです^^

駅から近い、とか、エレベーターがあるからベビーカーでも行きやすい、とか、オムツを替える場所がある、とか、そういう情報って、「子連れで行けるカフェがあればいいな…」と考えている人にとっては、その悩みが解決する「お役立ち記事」になります。

難しく考えすぎずに、

この記事では、こんな不安や悩みを、サクッと解消してあげよう!

と書いてみましょう。

 

ターゲットが決まっている場合は、ターゲットの悩みをどんどん解消します!
出し惜しみは不要です。情報はいくらでも無料で溢れているこの時代。隠してもあまり意味がありません。

無料での価値提供が、【信頼構築】に繋がります。

 

②感情的な価値のある記事って?

私が苦手なこのジャンル…笑

①の、機能的価値がある記事ばっかり書くと、どうなると思いますか?

ウィキペディア読んでるみたいな気分になるんですよね〜〜。それって、「誰が書いてるかはどうでもいい」ってことです。ただ情報を拾っておしまい。

それだと「書いてる人をもっと知りたい」とか「サービスを知りたい」なんて、思うわけ、ないんです。

機械的すぎて。

 

「誰から買うのか」が大きなポイントにもなってきているこの時代、
自分を知ってもらう、自分らしさや、自分の価値観を知ってもらうのって、絶対必須!

プライベートの様子でもいいし、
これまでの自分の経歴や経験、過去の悩みでもいいし。

読んだ人が「楽しいな」と思ったり、「へぇ〜こんな人なんだ」と思ったり。

そういう記事も、ちゃんと書きましょう^^

私ももっと書きます笑

 

まとめ

・ブログのターゲットを決める
・機能的な価値のある記事と、感情的な価値のある記事を、バランスよく書く

何を書こうか…迷う!!って時は、

「ターゲットを今一度考えてみよう。その人へ向けて、何がかけるかな?」と考えてみたり、

「最近はお役立ち記事が多かったら、私の考え方とかを、ちょっとシェアしようかな」と考えてみたり…

 

ブログのネタに悩んだ時に、何かヒントになったら嬉しいです!

 

【追伸】
もっと踏み込むと、機能的×感情的が両方入った記事があると、最高ですね!
人柄や人間味が見えるけど、内容は役に立つ記事、というような…。

私はまだまだ苦手ですが、そういう記事が多いと、やっぱりその人についていきたくなるんですよね。

ブログの奥は深いですね^^ 私も頑張りまーす!!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です